製菓の基本は資格から|スキルを証明できる

お菓子

知識と技術を身に付ける

菓子作り

お菓子作りを職業にするにはプロのパティシエになる必要があります。パティシエになるには特別な資格は必要ではありません。誰でも目指すことのできる職業です。パティシエとして活躍するにはセンスが求められます。他の人と差を出すためには、個性の光るお菓子を作る必要がありますし、他人には真似できないお菓子を提供することが大切です。ですが、技術力があっても基礎がないと幅広いお菓子作りはできないので、基礎知識を身に付ける必要が出てくるのです。パティシエの仕事を一生続けていく人は、資格を取得すると良いでしょう。

製菓の資格は主に2つあり国家資格となっています。「製菓衛生師」と「菓子製造技能士」です。製菓衛生師を取得することで、お菓子を製造することができます。同時にお店でケーキやクッキーなどの食品を販売できる「食品衛生責任者」の資格も取得することが可能となっています。菓子製造技能士があればお菓子作りだけではなく、材料選びや加工に関係する知識がある証明になります。資格を取得することで就職先の窓口も広がりますし、有利に活かすことができるでしょう。

活躍しているパティシエの中には、専門学校へ行かずに現場で経験を積んでなる人もいます。ですが、並大抵のことではありませんし、相当な努力が必要となります。専門学校なら製菓の基礎から、プロに必要な技術を学ぶことができますし、プロのパティシエとしてデビューできる近道になるでしょう。

実際に見学へ行く

男女

製菓の専門学校はオープンキャンパスが実施されています。一般の人でも校内を見学することができます。学校の雰囲気を確かめることができますし、自分に合う専門学校なのかを判断することができるでしょう。

Read More

魅力のある職業

勉強中の男性

バリスタになるにはスクールで知識と技術を身につけましょう。スクールでは将来の独立に必要なノウハウを学ぶことができる場所もあります。自分の目的に合わせたスクールを選びましょう。

Read More

無理なく通える

女の子

社会人からパティシエになる人は専門学校へ行くと良いでしょう。夜間コースのある専門学校なら仕事が終わった後でも通えるので、無理なく勉強することができます。専門学校では就職先のサポートもあります。

Read More